反射区療法とは

反射区療法 (reflexolozy)とは


反射区療法とはリフレクソロジーとも呼ばれていて、主に足裏の特定エリアを刺激するということで体内の特定部位に変化が現れるという考えに基づいたものである。語源はreflex(反射)とology(学ぶ)とを合わせたものといわれる。

「リフレ」「足裏マッサージ」「足裏反射区療法」と呼ばれております。

つまり足裏の反射区を利用して、人体の自然治癒力を引き出して本来人間が持っている自然な健康状態に導く術です。



反射区療法の歴史


足裏反射区療法は、アメリカが発祥といわれておりアメリカ人医師によって伝えられたものです。

入院中の患者が手足を揉んでいる行為を観察し、これを医学的に研究したところ、痛みを和らげる効果があることを知り「ゾーンセラピー」という本を発表しました。


台湾においてはスイス人の宣教師であるジョセフ・オイグスター〔台湾名:呉若石〕神父が自分の膝の損傷に悩んでいた時、スイス人看護婦の本を参考にして、足もみを始めたところ大きく効果が出ました。そして信徒に反射区療法を施したことから台湾に広まりました。


その後、科学者・医者などの台湾著名人などによって、この反射区療法が科学的にも証明されて、呉若石健康法として世界に普及させたものであります。


イギリスにおいては看護婦ルネ・ターナーらの活動により、数年間にわたる大量のデーターをもとに科学的・医学的にも検証を経て、政府承認を得て現在では通常の保険医療にも組み込まれています。


日本では台湾籍の官有某先生が「官足法」として反射区療法を普及させてきました。


大きく分けて反射区療法は台湾式と英国式というように区別され、比較的強い揉み方が台湾式、リラクゼーション的な揉み方が英国式と呼ばれてきましたが、最近では台湾の若石健康法もあまり強く揉むのは交感神経を過剰に刺激することから、部分的には弱い揉み方に変わってきています。


「東洋反射区療法学院」は台湾式反射区療法の流れ組む『日本足操術研究会』において、日々更なる知識と技術の向上に励んでおります。~